2012年10月29日

INTEGRA-7のインタビュー



http://www.dtmstation.com/archives/51818504.html

まぁ、大した事は書いてないんだけど。
要は開発に一番近い人でもこんな感じなので、中身がどうなってるかなんてよく判らないわけ。
「ソフトシンセで音を出すと、オーディオインターフェイスのせいなのかな、どうしても楽器の音ではなく、キレイすぎてオーディオの音という感じがしてしまう。」

いやいやいや、なんちゃらCaptureとかと同じ部品使ってるでしょ絶対!

コラムに「Integra-7の中身」を載せましたが、大きなチップ2つに全部集約されてて
メインプログラムを韓国製激安microSDHCカードから呼び出して
メインのフラッシュメモリx3とサブのフラッシュメモリx1からDRAMに波形読み込んで
エイヤ!っと鳴らすソフトウェア音源といった感じ。

このSoC(System on Chip)とエフェクタ用DSPとソフトウェアの開発が大変なんだぞと。
特許料も払ったし。
posted by K_Take at 22:24| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
ROLAND資産の集大成といったイメージのINTEGRA-7ですが、私はSUPER NATURAL音源に魅力を感じますね。むしろこれだけ抜き出して1U 2MIXOUTのみで10万円位で出してくれませんかね、YAMAHAのVA音源並みのモデルが出ない中ではSUPER NATURAL音源は本当に貴重です。KRONOS買ってからアコピやエレピはほとんど不満が無くなりましたが、やはり他のPCMはかなり奏法を工夫しないと、リアルに聞かせるのは難しいですし、VL-70mでブレスコントローラーを使った表現は、STR-1では再現できませんしね。VL-70m売らなきゃ良かった。そういう意味でも次に手に入れたいのはSUPER NATURAL音源ですね。

Posted by at 2012年11月01日 21:45
そうですね。てっきりJupiterのモジュール化だとおもったらPCMまでついてきちゃったという。。。

じゃあ、PCMを省けば安くなるかというとハードウェアー的には全くコスト削れなさそうです。。。
Jupiter50のモジュール化だと利益が出ないので68000円分の理由付けにXV載せた感じかな。soniccell等の流用で。

KorgはprophesyやZ1で物理モデリングやってるので金管楽器木管楽器は行けると思うんですがねぇ。

Supernaturalは名前こそ「超常現象」とバカっぽいけどビブラートとかアーティキュレーションって言うのかな?
音の変化が結構頑張ってます。

バリフレーズ(v-synth等)の発展系です!とか明確に言ってくれれば紹介しやすいのですが、何だか判らないけど自然な感じですとしか言えず解説出来ない不思議な音源なんですね。
Posted by K_Take at 2012年11月02日 19:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: