2012年05月30日

Jupiter-50が発売されたが



いやぁ、なんか2chのスレも反応無いし、盛り上がらないねぇ。。。

一応1時間くらいだけ触って来た(秋葉原Laox楽器館)

音は良いザンスよ。音は。
アナログモデリングもフィルターLPF1〜4とレゾナンスとかピッチベンドの変化とか、良い感じ。
トランペットとかピアノとかエレピとかも好きだし。
演奏するには申し分なし。

ただエディットが苦行の一言。

もう、身悶えする程狭っくるしい画面にギッシリパラメータ表示されてて
Shiftキー押しながら・・・とか矢印キーを高橋名人バリに連打して
カーソル移動しないといけない。
文字とかギリギリアルファベットと認識出来るレベル。
老眼のお爺ちゃんとかマジ無理。。。

音重ねるんだからデチューンは・・・ってドコ?
LFOの設定は・・・ってドコ?
って結局Proエディットかよ!

レインボーなボタンも、音色のジャンルに飛ぶショートカット的な意味しか無くて
コストの無駄な気がするし。

まぁとにかくプログラマーはホント頑張ったと思うけど
(説明書見るとストレスで死んでるんじゃないかと心配になるレベル)
このシンセにこの液晶を採用を決定した奴は誰だ!と言いたくなる感はある。。。

ただiPadアプリにリソース割くより、PC用エディタ作った方が良かったんじゃないかなぁ。
この画面の狭さと操作性は、頭では判ってるのにパラメータにたどり着くまでが遠くて身悶えする。

やっぱ、レジストレーションとかライブセットとかアッパーロワーとかの階層構造が
深すぎなのが敗因だよ。
トーンモディファイとかライブセットのオフセット値とか下手にいぢると訳判らなくなるし。
ボイス、ライブセットくらいで良かったんじゃないかしら。
posted by K_Take at 01:32| Comment(2) | シンセサイザー
この記事へのコメント
レポート乙です。私の持っていたCS-15なんか、LFOのディレイが無い。レゾナンスが発振しない。オシレーターシンクも無い。キーフォローなんかもちろん無い。無い無い尽くしのシンセだったのに、最近の奴はまさにパラメーター地獄。JUPITER-50なんかさぞかし凄いんでしょうね。最も触るのはウェーブフォーム・カットオフ・レゾナンス・エンベロープ位だったりして(笑)ほとんどアナログシンセと同じ方程式ですね。個人的にはコムフィルターは触ってみたい気がしますが・・・
Posted by at 2012年06月01日 21:02
これですかね?
http://jp.yamaha.com/products/music-production/synthesizers/cs15/?mode=model
そういえばJupiter-50にコムフィルター無いかも。V-SYNTHにはありますが。

ヤマハはもう新しいシンセ作る気はなくて
ついにネタ尽きて、今まで出したPCM系楽器の波形吸い出して配り始めたみたい・・・
http://jp.yamaha.com/products/music-production/event-campaign/campaign/
フラッシュメモリーボードは案の定買えば付いてくる標準装備みたいな状態。
・・・チックコリアのエレピ継続の方が良いような気が・・・
Posted by K_Take at 2012年06月02日 14:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: