2021年01月16日

Integra-7 Sound Editor M1 Mac対応



ウチのマックはMac Pro 2013(煙突みたいなやつ)
ギリギリbig sur対応してるので今日インストールしてみた。
11.1のクリーンインストールだったので絶好調。
やっぱクリーンインストールが一番やね。

Xcodeも一番新しいのを入れて、ユニバーサルバイナリーでコンパイルして問題なく出来ました。
何も修正しないで普通に出来ました。(ファイルサイズが倍になりました。バイナリーだけに)

あとはローランドのドライバー待ちなのですが、まぁ普通にダメそう・・・
MIDIインターフェイス経由でなら使えるので、アップしておきます。

FS1Rエディタはロゼッタ2で頑張ってもらいます。もう修正とか無理なんで。。。

Big SurでMIDI経由(QUAD-Capture55)で動かしてみたけど、MIDI経由は遅い!!
USBドライバープリーズ! ←リリースされました。そしてエディタ動きました。
スライダーのデザインが変わってスライダーのコマの上がなんか欠けてる・・・
そんなところまでデザイン変えなくてもいいのに・・・

ver1.52で治しました。
スライダーがBig Surだと普通サイズで、それより前のOSだと小さめになってます。
posted by K_Take at 19:09| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
ドライバー出ましたね。
INTEGRA-7 Driver Ver.1.0.5 for macOS 11
Apple Mac シリーズ (Intel ベース) に対応しています。
Appleシリコン搭載のMac ( Apple M1 チップ搭載 Mac ) に対応しています。
Posted by integra-7好き子 at 2021年01月22日 10:06
M1対応は意外でしたね!
ユニバーサル対応した事が報われました
持ってないけど

純正エディタはM1対応はロゼッタ2になるんじゃないかな
Posted by K_Take at 2021年01月22日 11:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: