2020年05月12日

Roland ZENOLOGY



ゼノロジーと読みます。
https://www.roland.com/jp/products/rc_zenology/
関係ないけどDAWってディーエーダブリュじゃなくてダウっていうの?
世界で通じるのかしら・・・

あーあ、ZEN-Coreエンジンをソフトウェアにしちゃった。。。
※ フルエディット出来るPro版は秋に登場予定

これで、何が起こるって、ハードウェア売れないわなwww
JUPITER-XとかFANTOM要らないじゃん。。。

あと、INTEGRA-7の次のモデル登場も絶望的になったとも言える・・・

今、15000円でCore i7-6700Kと互角以上のCPUが買えちゃうんだぜ
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/hothot/1250945.html
Fantomなんか買う訳ないじゃん。。。

家で音色作ってAX-EdgeかRD-88で持っていくっていうのがこれからのトレンドに・・・
さようなら高級機種?
JUPITER-X、JUPITER-Xmユーザーは有償エディタが出来たと思えば良いのかしら?
posted by K_Take at 10:57| Comment(4) | 日記
この記事へのコメント
今日見ました。サブスクリプションで年額、月額ですね。追加音色、波形があるが、どれも有料。Axalとは違うようだ。

ソフトシンセで作ってRD88で持っていくならGOODかも。高いシンセはプロが使えばいいって感じになっている気がする。

高級機種:プロ、一点豪華主義庶民

庶民:RD-88+zen-coreソフトシンセ


庶民派RD-88で3レイヤで遊べばいい。3レイヤ〜〜〜??一つのトーンに4つのパーシャルと考えれば12レイヤー>>??頭が混乱してきた。(笑)。

ところでRD-88ってタッチはどんなんだろう?
Posted by あ at 2020年05月12日 20:52
ZEN-Core音源搭載したハードウェアにはエディタ
代わりとして無償で提供してほしかったですね。
現にエディタは存在してないですし。。
Posted by TM at 2020年05月14日 16:01
うーん、それならそれでRDを差別化強化していってほしいですね。

計量持ち運び RD88

マルチ音源搭載 フラッグシップRD2000系

ゼンテクノロジー音源事態がマルチ音源化していくのが理想だけど、そうなるとRDはコントローラー性能と鍵盤性能で差別化していく感じになりますが・・・

1メーカーの進化だけでは時間がかかるのでやはりヤマハ、コルグ、カワイにも頑張って欲しいですね。

Posted by とおりすがり at 2020年05月14日 17:55
カワイのシンセ復活は無さそうですね。。。

ラック音源って完全に無くなっちゃいましたねぇ。。。
本体でエディットとかバッサリ切り捨てても良いので
Fantomラック出してくれないかしら。
Posted by K_Take at 2020年05月14日 23:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: