2020年03月15日

コロナとITインフラ



私はしがないサーバー設置屋さん。
皆さんがテレワークするためのサーバー、ネットワーク機器(ルータースイッチ、ケーブル接続)
を設置する仕事。

データセンターで熱を測られ、マスクしないと出入り禁止と言われ、金属探知機やX線検査で被爆し、
バイキン扱いでサーバールームに入ってお仕事です。

お客さんの機械はリースアップ、保守切れギリギリ、スケジュールは待った無しでいつもギリギリ。
今日も新しいサーバーを箱に詰め、客に届けて設置して廃材を回収しております。
え、テレワーク?CO2排出制限?何それ食べられるの?

サーバーのOSはWindows Server 2019で!最新で!
の上でHyper-V(仮想化機能)を動かしてWindows Server 2008(サポート終了)入れてください・・・
台無し!みたいな。

「よーし!パパテレワーク始めちゃうぞ!」
VPNルーター20人までしか耐えられない安物で回線も細いです。
Windows Update 2年やってないサーバー、アップデートしてない古いLinuxや仮想基盤(VMware、Hyper-V)
がファイアウォールも無しにご家庭のパソコンに接続されるんですが・・・
もちろんWindows Server 2008 R2(サポート終了)が現役な!
VPNで接続され、暗号化通信でパスワード認証されたまともな通信でマルウェアが飛んでいき、
機密情報がご家庭のWifiを通してゲット可能に。。。

最近、学校や会社が休みとかでネットワークが重くなり、Windows Updateが遅くて大変なので
何故かソフトバンクの4G回線でパッチをダウンロードしてサーバーにインストールとか
変な事やってます。NTTドコモとかがドコモ光とか言ってバンバンアホみたいに契約させた結果ですね。

ここはIT後進国日本、最前線。。。
posted by K_Take at 09:47| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: