2020年02月26日

MIDI 2.0が正式規格に



https://www.dtmstation.com/archives/28653.html
感想としては「やっと普通になった」って感じ。20年遅かったよ。
8bit時代から64bitに一気にジャンプアップ。
ジャンプし過ぎ。

8bit、16bit、32bitと段階踏んで行けば良いのに、一気に処理スピードが求められる事に。
今のハードシンセは8bitの仕様に甘えた作りになってるので、CPU、メモリ他
あらゆるデバイス選定がショボい。
DDRにもなってないSDRAMとか普通に使ってるし、ストレージ周辺も惨憺たるもの。
キーボードのセンサーも16bit、
ピッチベンドやホイール、ノブ、スライダーの解像度も32bitにしないといけない。
(どうせ間引いたり、手抜きすることは確実だけど)

DAWはPC、OSと共に進化してるので、簡単に追従出来るでしょう。
OS、ドライバ、DAWが対応すれば来年辺りにはちゃんと対応出来てるでしょう。
どこかがチンタラしてなければ・・・

プログラマー的には、やっと全てのMIDIパケットが64bit一発で送れるようになって
Sysexも扱いが簡単になってアプリが作りやすくなった感じ。
MIDI 1.0なんか速攻切り捨てだよ、まったく。

MIDI端子やMIDIケーブルは速攻で消えるでしょう。(え、消えない?)

ノート情報にAttributeとかいうのが追加されて、アーティキュレーションの情報を
格納出来るようになったので、スネアドラムの叩いた位置、シンバルの叩いた位置
みたいな情報もノート情報の一部として送れるらしい。
メーカーや楽器が変わると無意味な情報になっちゃうけど。
posted by K_Take at 22:21| Comment(3) | 日記
この記事へのコメント
所長さん こんばんわ。

ようやくですね。それはさておき、

ヤマハからFM搭載オルガンシンセがでましたが、refaceシリーズがようやくフルサイズ鍵盤と本格音源でリメイクという感じですね。DXというかSYいや、FS搭載のSY99の再来に期待したいですが、はたして。

モンタージュのMIDI2バージョンで鍵盤がよりよいやつってモデルでボディは
SY99みたいなやつでないかな。
Posted by とおりすがり at 2020年02月28日 01:53
YC61 5月発売になってますね

FM音源搭載って言ってもアルゴリズム変えたりして自由に作る奴ではなくて
2オペで作ったFMエレピを1個、2個、4個とどれか選んで
デチューンで重ねて演奏するFMエレピ
って事みたい

FMオルガンってのはオペレーター8個横に並べて
一斉にサイン波出力って感じかしら
Posted by K_Take at 2020年02月28日 03:17
FM音色はプリセットから選ぶだけ
代表的な音色は網羅してるみたい。奇抜な音は無い。
DXエレピ、DXベース、DXベル、DXブラスなどなど…
エレピだけではなかった。説明書の最後の方に音色リストがあります。
それをユニゾンで2個か4個重ねて演奏出来ると。

Posted by K_Take at 2020年02月28日 04:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: