2020年02月02日

FANTOM OS1.50



・本格的なボコーダーの追加
・ZEN-Core音色のデータインポート、エクスポート機能
・Super Natural アコースティックのストリングスとブラスの追加
・パッドモードとピアノロールに新機能
など

エクスパンジョンデータも追加されたし、大分V-Synth GT要素が追加されてエライ事に・・・
SNAのバイオリン、サックス、トランペット、アーフとか使えるやつが追加されてます。

大分値段相応になってきたかも。

この調子でIntegra-7の続編出ないかなぁ。
posted by K_Take at 11:30| Comment(4) | 日記
この記事へのコメント
今回のzen-coreは音質抜群だと感じています。D/Aがものすごくよい。それで追加音色はどのくらい入りきるんだろう??RAMは何ギガくらい搭載されているんでしょうね??謎です。

Posted by あ at 2020年02月02日 21:14
エイリアスノイズとか気にならないレベルなんですかね。
ZEN-Core音源講座書いておきながら、ZEN-Core音源の楽器持ってないエアプですww


RAM容量とかフラッシュメモリの容量とかさっぱり判りませんね。
容量は映像の世界じゃないんで、そんなに要らないのかも。

組み込みマイコンの世界はあまり判らないですけど
そんなにアクセススピード速いRAMじゃなさそうなんですが、問題ないんでしょうね。
気にするなという事でしょう。

エクスパンジョンのデータは有料でも良いので
新規録音のも増やして欲しいかな。
もう要らない?

期間限定って書いてあるの、本当に期間限定なのかしら。
Posted by K_Take at 2020年02月04日 00:04
スーパーナチュラルのストリングスとブラス??

なんかちょっとおいしそうですね。

プログラマブルならFM音源乗っけてほしいのですが。

ただ、バーチャル系、モデリング系だと、ソフト音源が魅力的になってしまった時代ですね。

かなりリアルになってきました。トランペットとかドラムやベースですけでも。でも、ちょっとしたところであーこれはソフト音源だろうなぁってわかっちゃいますけども。
Posted by 通りすがり at 2020年02月05日 00:23
ARP2600FS 日本では完売だそうで、でもこんなリンクみつけました。

https://info.shimamura.co.jp/digital/newitem/2020/01/135346

コルグは800台限定にしたのも、後続2600ものが控えているからなのかもしれませんね。

個人的には、ARP2600FSをモデリングでクロノス後継に入れてもらえればいいかな。

という感じです。
Posted by 通りすがり at 2020年02月05日 00:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: