2019年12月28日

Tritonのソフトシンセ



https://www.korg.com/jp/products/software/korg_collection/triton.php
あ、出てたわ。
オリジナル・エンジニアの監修のもとって書いてあるので
オリジナル・エンジニアの生存を確認できましたww

マルチモードは無いそうです。
完全移植を謳うならMOSSボードも付けなきゃね!
MOSSボード移植してくれたら、それすなわち「Z1」祝ソフトウェア音源化!と同義なんだけどね。
残念。

TRITONが登場したのでM1は要らなくなるかね。

Tritonねぇ。波形容量がTrinityが24MBでTritonが32MBだったんだけど、
なんかTrinityよりもクオリティ下がったねとか、ユーザー間で言われてたような。。。
2019年現在、もうそんなの誤差だよねって感じだよねw
HDDが5GB、20GBって時代のシンセだし。

Kronosユーザーだったら
Best of TRITON(フリー)
https://shop.korg.com/Kronos/KRS-08
と比べてみたら面白いかも?

何かしらKorgのPCMシンセ持ってたら、大体同じ音入ってるんで要らないかもね。
posted by K_Take at 17:56| Comment(5) | 日記
この記事へのコメント
1万円位ならそれなりに需要があるのかなと思ったら税込で約3万
もするんですね。これならグラニュラーシンセシスのPIGMENTS2
とかの方がずっと面白い音が出ると思う。
MOSS音源が付いているのなら全く評価は違ってくるが、それが無
いんじゃKRONOSのHD-1でカバーできてお釣りも出る。
M1のソフト版は約5,000円の破格値で買えるのに、TRITONは値付
けが?です。
Posted by R-TYPE at 2019年12月28日 22:28
Triton持っていないので、ラック音源で出してほしいかなって思う。integra7、motif rack xs、鍵盤あるならJupiter-xmのような感じ。
Posted by あ at 2019年12月29日 11:03
TRITON-Rack
https://synthsonic.net/archives/44644560.html
もちろん20年も前の製品なので、お勧めしませんww
フロッピーのベルトは壊れ、液晶のバックライトは消え、
DATAダイアルは逆流することでしょう。。。

下の方に開発者コメントもあります
https://www.dtmstation.com/archives/27868.html

そういえば、フィルターにバンドパスとか無かったなぁ。
まぁ、それをカバーするのがMOSSボードだったんだけど。
Posted by K_Take at 2019年12月29日 18:58
やはや2019年も今日がラスト

Z1のボディにマルチ音源をおしこめたFS76鍵盤なんか、でないでしょうか?

トライトンよりトリニティとZ1のデザインがすきなんですけど。

来年も所長さん、みなさん、力温存しつつベストつくしましょう!(苦笑)
Posted by とおりすがり at 2019年12月31日 03:47
Z1とOASYS 76がヤマハ製FS鍵盤だから
お互いの保守パーツになってるというww

2020年。。。電子楽器は今後どうなっていくのかしらねぇ。。。
Posted by K_Take at 2020年01月01日 15:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: