2019年12月21日

コルグがドイツのベルリンに開発拠点を設置



https://korg-germany.de/

一旦コルグ辞めてた高橋達也氏がCEOになるとか
http://www.synthtopia.com/content/2019/12/18/tatsuya-tats-takahashi-launching-korg-germany-hiring-engineers/
https://cdm.link/2019/12/new-korg-berlin-division/

自作シンセを面接に持ち込んだ「ヤベーやつ」
https://rittor-music.jp/column/builders/21569

まぁ新規の開発拠点を作ったけど、募集してるエンジニアの要件は工業デザイン出来るとか
アナログの知識とか組み込みのプログラマーとかDSPの知識持ってる人とかだし。

コルグさんはKronosのようなPCアーキテクチャを利用するような製品はもう、やる気無いよね。。。
なんかスゲーー!っていうより、オモチャシンセばかり作るんだろうなぁ・・・

Kronosは今のモデルで終了か・・・あーあ。。。
別にハード差し替えて欠点(起動が遅ぇ)克服するだけで、中身(ソフト)新しくしてくれとか思ってないんだけどなぁ。
posted by K_Take at 11:35| Comment(5) | 日記
この記事へのコメント
所長さん こんにちわ

ハードだけ更新してソフトはそれにともなう最低限の修正の
クロノス3ってのは現実度はどうでしょうか?

そんなに大変じゃないなら、だしてほしいですね。
Posted by とおりすがり at 2019年12月21日 15:26
Kronosのご先祖様のOasysが発売されたのが2005年5月28日
そこから途中でM3などの開発を挟みつつ、ウナギのたれみたいに継ぎ足し継ぎ足し・・・

Kronosの使ってるLinuxのディストリビューターは・・・
そんなものありませんよOasysの頃KORG-USAが1から組み上げました。
RealtimeOSのように動くようにカーネルに
RTAI
https://www.rtai.org/
っていうパッチ当てて使ってます。

さて、これを魔改造しまくって、KronosやG
randstageまでは出来ました。

次世代機作るか・・・

15年も経ってて最初の作った人辞めてたりするよね・・・
32bitを64bitにするよね。
カーネルどうする?ドライバーどうする?
KARMA入れる?外す?
ハードどうする?またASRockに頼む?
オリジナルBIOS(UEFI)また用意するのか・・・
MOD-7、STR-1作ってた奴どうした?
もう辞めたっす!

・・・めんどくせぇな、やっぱやめるか・・・

みたいなwww

関係ないけどKARMAのMac版は32bitで出来ててどうしようもなくてmacOS 10.15 Catalina対応は諦めたらしいw

KARMA for OASYS Windows版買って文字化けするから文句言ったら
「お前の環境だけだよおかしいの」(通称おま環)
とかあしらわれたのも良い思い出。。。
Unicode対応もしないで何言ってるんだよと。。。
Posted by K_Take at 2019年12月21日 17:05
SEが最後の一稼ぎみたいな微妙な仕様だったので終りを感じてはいましたね。
RolandのJVシリーズみたいなライブラリ使い回しは難しそうだし何より修理がどうなるかが不安です
Posted by れい at 2019年12月23日 01:01
所長さん、くわしい解説大変ありがとうございます。

なんか目がくらんでくるほど、アップデートするだけでも大変すぎて、とんでもなくコストも時間もかかりそうですね。
しかも人材もいるのかいないのか・・・いても既存システムの構造を把握するだけでも、とんずらこきそうな世界に思えますw そんな作業するより最初から作った方がはやくね?みたいなw

やはり、プログラム資産って、プログラム内容を箇条書きにしたものを用意して、それをその時その時の環境でプログラムしていく、という手法にするしかないですかね。

クロノス3は無理だとしても、マルチ音源+本格的鍵盤+高性能エフェクターのハードシンセを期待したいです。
Posted by とおりすがり at 2019年12月23日 13:09
GrandStageがVer2.0になってもMOD-7が移植されてないのが、ちょっと怪しいですよね。
ジャパニーズエレピって言ったらDXエレピですから。

GUIもこのツールに依存してます
https://www.ubiquitous-ai.com/products/peg/
タッチパネルの製品はみんなコレじゃないかな。

ただ、今のSoCチップはGPUアクセラレータとか積んでてそれ使った方が高速に描画出来る。
でもPEG Proってのにアップグレードしないと・・・
ライセンス費用が・・・みたいな。

ローランドさんのFantomの画面描画も
GPU使ってるように思えないんだがww

冬NAMMの「新たなる伝説のシンセ再創造」
ハードル上げて、か〜ら〜の〜
ヘッドスライディングずっこけ
に期待ですね。。。
Posted by K_Take at 2019年12月25日 21:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: