2019年10月02日

Aerophone miniでやっと普通の形に



https://www.roland.com/jp/products/aerophone_mini/
エロホンエアロフォンがやっとまともな形になったのですが、
AKAI Professionalと違って、ナメ腐ってるところがローランド。

スーパーナチュラル音源の真骨頂をお見せできるのは、こういうプロダクトなのに
またもや、ただのPCM音源(しかも6音色しか無い。残りの音色はスマホアプリのPCMソフトシンセ)
バイト(噛む)センサーも無い、ボタンでガタガタうるさい、グライドもない

最上位モデルがキングコブラみたいでカッコ悪いから、そのうち改良するのかと思ったら
せっかく細くてまともになったと思ったら初心者用プロダクトだった。。。

表現力はオタマトーンの方が上か?ww
https://www.gizmodo.jp/2017/10/otamatone-metal-death.html

これならスズキのピアニカ(メロディオン)で間に合ってますわ。
ブレスコントロール活用するならメロディオンの電子化で良いんじゃないかねぇ。
posted by K_Take at 13:31| Comment(6) | 日記
この記事へのコメント
所長さん こんばんわ。

この手の簡易型の楽器というにはなりきり楽器とでもいいましょうか、そういうのが電子楽器だけでなく他の楽器ジャンルでもうれている(逆にいえばそういうのしか買えない)ようですね。値段もやすいしね。

https://www.roland.com/jp/products/aerophone_mini/
のトップ画像なんかのカホンだとかも個人的にはいい印象ないし、
スティールパンのなりきり楽器みたいなものもしかけているようです。
名前は忘れましたが。
とにかく楽器を弾けるほどの能力はない人(もしくはそこまで楽器に力をいれたくない人)にも難易度さげた楽器を用意しようみたいなビジネス的な側面をつよく感じます。

自由におのおの楽しめばいいとは思うので、なりきり楽器を否定はしませんが、
一方でプロ向けのしっかりした高額機材もだしてほしいものです。
買い換え需要がおきるほどのプロ向け機材、そういうのをだしてほしいですね。
モンタージュでは今ひとつものたりないですね。

そうそうファントムの新鍵盤、いずれチェックしてみようかと思います。
ハードシンセなら力入れる部分は鍵盤、ボディデザインだってありますからね。ソフトシンセとはちがって、差別化できる部分はしっかり強化していかないといけません。
Posted by とおりすがり at 2019年10月03日 21:15
ベンドとビブラートがありませんとかスゲー手抜きだよ。。。

Fantomもなぁ。
Fantom-6で\368,500・・・\368,500なぁ・・・

この金額でパソコン作ったらモンスターマシン
作って、プラグインシンセ数えきれないほど
買えるよね・・・ハァ。。。
Posted by K_Take at 2019年10月06日 20:35
所長さん、ファントムの値段は自分もびっくりしましたが、
もしかしたら鍵盤が20万くらいの価値があるかもですよ!

冗談はさておき、コルグのクロノス3はいつでしょうね。
弱点を解消したら化けると思うのですが。

買いたいハードシンセがないって哀しいですねバブルはじけた頃はSY99が燦然と輝いていましたwまさに最後っ屁のVP1はやけくそでしたね、欲しかったな270万のVP1。
Posted by 通りすがり at 2019年10月06日 23:27
fantomの鍵盤はFS鍵盤とFSX鍵盤の中間みたいな感じでした。これはGOODかと思います。値段が高いので、マスターキーボードはmotifで、音源モジュールの代役でjupiter xmでいいと思っています。

クロノス3が出てほしいですね。シーケンサーとかはなくてもいいので、きちんとした鍵盤で起動時間を。。。。
Posted by あ at 2019年10月07日 07:02
カシオのデジタルホーンを思い出しました。あれって手軽で楽しい楽器でしたよ。ビブラートはオートで誰でも上手に聞こえるという。ベンドの代わりにポルタメントのオン/オフができれば何とか‥なるかな?

楽器演奏というと音楽教室で習って‥というのに対して、学校で習ったリコーダーの知識があれば楽しめそう、というのはありだと思いますよ。
Posted by R8 at 2019年10月08日 21:33
KRONOSの起動時間はあり得ないと思います。
楽器であってパソコンじゃないんだから・・
ライブ中に電源落ちたらMCで繋げってことかしら?
Posted by あ at 2019年10月21日 22:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: