2019年09月08日

ZEN-Core音源登場で分かった事と今後の展開



V-Synth作った人達、殆ど定年退職してるんじゃないかって思ってましたが
ちゃんと技術継承したか、まだ居るのかも、とか思ったww

JVシリーズから始まりJD、XP、XV、Fantomシリーズとずーっと昔から
古いマンションを増築リフォームを繰り返してきたアーキテクチャを整理できた。
バーチャルアナログもJPから始まりV-Synth、SH、SNシンセと積み重ねてきた物を整理できた。
ローランドPCM音源としてASICで作ってきた物をFPGAに移植、ソフトウェア化して
バーチャルアナログと融合してソフトウェア化してワンチップに整理整頓、スッキリ収めたと。
ストラクチャーはどっか行っちゃったけど、まぁしょうがないでしょう。

もうちょっと早く出来た気がするけどな。

チェックポイントはV-Synthの頃からずっと言われてたエイリアスノイズの酷さと
LFO、エンベロープのガタガタ変化がどこまで克服されたのかって所です。

でも、Super Naturalアコースティックとか振る舞いを自動制御って技術は
無くさないで欲しいかな。ライブでは受けないけど、家やスタジオで弾く分には楽しいので。


では、上級国民向けフラッグシップがあれば、当然、我々庶民向けの廉価版を作るはずなので、
どういったものを望むか、書いておきましょう

<絶対削ってはいけない物>
・鍵盤!<最重要。頼むから全く同じ物を使ってくれ
・ZEN-Core音源<劣化させないでそのままにしてくれ
・タッチパネル液晶<同じにしてくれ
・サンプリング機能<初心者は楽しいはず。ただ、8個で良い

<削って良い物>
・VPiano
・CV端子、コントロール機能
・アナログフィルターと端子
・エクスターナルUSB端子
・電源<ACアダプタで構わない
・ホイール
・スライダーとノブ<半分くらいでも良くね?
・ゾーン数<8個くらいで良くね?

こんな感じでFAの後継を作ると。機種名は・・・FA-X。。。ファックス!?www
とにかく鍵盤だけは・・・鍵盤だけはそのままにしてくれ!お願い!
posted by K_Take at 11:12| Comment(4) | 日記
この記事へのコメント

老国にはD-50→D-10やJUPITER-80→JUPITER-50という超絶劣化の黒歴史しかないので、正直ここを読んでそろそろまともな廉価版を出して欲しいものです。
ヤマハやコルグが上級機種とほぼ同じと言える程ポイントを押さえたコストダウンをしているのに、なぜ老国はゴミしか出せないのか。
MOTIF XF→MOXF MONTAGE→MODX OASYS→KRONOSと素晴らしいお手本はたくさんあるんだから、1セットでも買って何故他社の廉価版が神認定されるのか少しは学んだほうが良い。

Posted by R-TYPE at 2019年09月08日 21:19
fantomの液晶サイズ渋々我慢できるけど
Jupiterの液晶サイズはどうかと思う。

本体で本気で音作り出来なきゃ高いシンセ買う意味ないなぁ。

馬鹿高いシンセを買わせるだけ買わして、pcエディターがおざなりじゃなぁ。

ソフトシンセ飽きるですよ。
Posted by at 2019年09月09日 21:31
 本筋とは関係ありませんが、ASMという香港の新興メーカでHYDRASYNTHというシンセが、KnobConで展示されたようです。(Rolandの発表もKnobConに向けてリリースされたと無理やりつなげます(苦笑 )

https://icon.jp/archives/17602

きちんと販売されれば、1299ドルでこれはいいような気がするんですが、どうなんでしょう。

 日本のワークステーションタイプとは競合しませんが、信号のブロックダイアグラムがスイッチになっていてわかりやすく好みです。見方によってはソフトシンセをハードに落とし込んだという気もしますが。

 あと、もし日本に来たときは15万程度になるんでしょうね…
Posted by がふ at 2019年09月12日 01:26
なかなか面白そうなシンセですよね。
V-Synth初めて見た時のワクワク感に近い物が。

ローランドだとSystem-8が近い感じで頑張ってますが。。。
そういえばJupiter-XにSystem-8音源って無いなぁ。
Posted by K_Take at 2019年09月15日 03:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: