2019年03月20日

ゲームストリーミングプラットフォーム「STADIA」



http://blog.livedoor.jp/itsoku/archives/55045034.html
PS Nowとかもそのたぐいだけど、ゲームの処理を全部クラウドで行って
ユーザーの操作データを送って映像を戻してもらう方法。
開発もクラウド上で行えるし、高いハードが要らなくなる。

別にDAWでも応用は出来るわな。
ゲームで違和感無く出来るなら、音楽ソフトでも出来るはず。
音楽ソフトの場合、音がまともに返ってくるなら4K、HDRとか要らないし。
通信環境とレイテンシー問題さえなければ、リアルタイムセッションも可能でしょう。

ハードウェア、ソフトウェアのアップデートもクラウド側で対応可能。
作業場所も縛られない。

せっかくGoogle様が仕組み作ってくれたんだから、それに乗っかれば良いのよね。
ただ、5Gとか高速ネットワーク、高速Wifi環境が前提だけどねぇ。
posted by K_Take at 10:41| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: