2018年09月15日

AX-EdgeのSynth-EX音源とは



どうせ買わないからとノーマークだったんだけど
PCM+バーチャルアナログのハイブリッド4オシレータシンセでした。

公式エディター、なかなかに凄くて、パーシャル同士のコピーとか、
パーシャル1〜4の同じパラメータを同時操作とかが無くて、全米が泣く。
(パートのコピーは辛うじてある)
触ってて身もだえすること必至。。。

j-queryとか使って作ってるのでIntegra-7の公式エディタと同じ匂いがするww

Synth-EX音源は
1パート辺り4オシレータあって(パーシャルという)
それぞれがPCM、バーチャルアナログ、PCM-Sync、Super-Saw、ホワイトノイズ
に変更可能。
4パーシャルそれぞれにピッチ、フィルター、アンプ、LFO1、LFO2、3バンドEQがあって
バラバラに設定可能。
フィルターはカットオフ、レゾナンスが1024段階。
種類はTVFがJUNO-DSタイプ、VCFが4種類でなんらかのアナログフィルターのエミュレーション(LPF固定)
Moogとかプロフェットとか
LFOのレートなんかも1024段階みたい。
LFOはステップとか言ってオリジナル波形みたいにも出来る。ここら辺はIntegra-7とかと同じ。

パーシャル1と2、3と4の組み合わせで、シンク、リングモジュレーション、クロスモジュレーションが出来るみたい。

PCMはストラクチャが無いJUNO-DSみたいな感じ。

バーチャルアナログは基本波形の他にランプ波、Junoなんてのもある。
矩形波以外を選んでもPulseWidthが有効なので、なんらかの波形変化があるかも。

PCM-Syncってのは珍しいかも。PCM波形使ってオシレータシンクって工事現場みたいな音になりそうww

Super-SawはそのまんまSuper-Sawだけど、パーシャル4つ全部Super-Sawも可能。

ホワイトノイズはホワイトノイズだけど、これまた4つホワイトノイズにしても良いので
フィルタでバリエーション作って重ねたら、色んなパーカッションになったり
ノイズ成分作り放題。

これが1パートで、これを4パート重ねられる。(レイヤー、スプリットでも良い)
なかなかにスゲー。
posted by K_Take at 15:34| Comment(4) | 日記
この記事へのコメント
車の中でぽろろんとやれるフルサイズショルキーがほしいなぁと思いつつかなり時が流れたんですが・・・

今回のは残念でした。なんでスピーカー内蔵していないんだよと。

車内だとリアスピーカーからシンセ、フロントで音楽はながせるものの、リアのスピーカーは実質ないようなもの(音質最悪)ですし。

今回もパスっすね。

それにしても、RD2000にFM音源搭載されないものでしょうかw
Posted by とおりすがり at 2018年09月19日 23:03
車のなかで用としてrefaceなんかも検討したのですが、ミニ鍵盤じゃ話にならないのでこちらもスルー決定。

ヤマハだとピアジェーロなんか軽量でいいのですけども・・・
車内だとやはりショルキーの形状が理想的ですし。
Posted by とおりすがり at 2018年09月19日 23:05
フルサイズキーでスピーカー内蔵・・・
https://www.ishibashi.co.jp/roland/gopiano-gokeys/

RD2000はFM E.Pianoカテゴリで9種類
それっポイ!って音が鳴る音色が搭載されてて
微調整はTone Colorってパラメータでお願い!
っていうなんちゃってFMがあるけど
まぁ、ステージで実用的なFMの音なんてエレピくらいだよね
って場合は満足できるのかも。

RD800の時点で、まぁいいんじゃないかしらって思いましたけどね。(RD2000はRD800全部入り)
Posted by K_Take at 2018年09月20日 12:11
こんにちは。たまたま行った鍵盤堂にAX-Edgeが展示されていたので試奏してみました。フルサイズ49鍵ということでショルダーキーボードとしてはかなり大きく感じました。
音はすごく良いです。立ち上がりの速さ、ヌケの良さ、音圧どれもびっくりです。JD-XAみたいなサウンドです(褒めすぎ)。鍵盤はアフタータッチありで変な効果が付けられるのでインスピレーションを掻き立てられますね。
とりあえずPCMのピアノ+ディストーションとか、ノイズ+ディストーションで爆発音を作ってドッカンドッカンぶちかましたいです(まともに弾く気なし)
Posted by CZ5000 at 2018年10月29日 12:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: