2018年09月10日

【追記】ヤマハ MODXシリーズ



https://usa.yamaha.com/products/music_production/synthesizers/modx/index.html
日本語
https://jp.yamaha.com/products/music_production/synthesizers/modx/index.html

AWM2音源の発音数はステレオ、モノラル共に128で確定。FM-Xは64なので合計で192同時発音可能です。
SSS(Seamless Sound Switching)もあります。
エフェクタは16パート+AD/DAから13パート+AD/DAと中途半端に減らされてます。
そのせいでSSSは最大4パートまでを使用するパフォーマンス(音色)にのみ有効となってます。。。

今回76鍵盤モデルがあるのは後ろをDX7ってしたいだけだと思われます。

庶民が買えるMONTAGEって感じ。
https://info.shimamura.co.jp/digital/newitem/2018/09/126479
2018年10月13日発売
価格
6 = 税込¥126,360
7 = 税込¥160,380
8 = 税込¥184,680
まぁ、6 一択かねぇ。

物理ボタンが大幅に減らされ
フラッシュメモリは1GBに減らされてます。
Montageと音色互換性はあります。MontageのデータをMODXで読めます。逆は・・・今後のアップデートで?
※ X7AというMontageバックアップファイルは読めません。ユーザーとライブラリのファイルのみ読める
MOTIF XF、XS、MOXFのデータも読めます。
DXシリーズの音色をFM Converterで変換して読み込むのもMontageと一緒です。

ベーゼンドルファのピアノとかMONTAGEのライブラリも読めるみたい。
MONTAGE ConnectのMODX版、MODX Connectもあります。

PCと接続した際の周波数は44.1khz固定です。
(Montageは44.1kHz、48kHz、96kHz、192kHz)
USBオーディオインターフェイスで使用したとき44.1khz固定って事だけど
デジタルでやり取り出来るから、AD/DAコンバータすっ飛ばせるので
44.1KhzならMONTAGEと区別つかないかも。

MOXFが生産完了となると、これが後継となって値上がりって感じ。
伝統のステップ録音付きシーケンサーがついに消えることに。
posted by K_Take at 21:24| Comment(10) | 日記
この記事へのコメント
FSX鍵盤だったらほしいな〜〜76鍵盤の軽量FSXがあればいいなって思います。
でもD/Aコンバーターは落ちるでしょうね。
Posted by あ at 2018年09月14日 21:52
USAのHPみました。やっぱりFSXじゃない。ピュアアナログ回路もない!ショックです。でも今回は61鍵盤と76,88と勢ぞろい。使い勝手はよさそうです。

https://jp.yamaha.com/support/updates/modx_os_updater.html

現時点で正式発表していないのに、上記のようなHPが存在する。輸入して買った日本人対象か>?でもまもなく発表の予感です。
Posted by ありがとうございます。 at 2018年09月15日 11:38
USAサイト見ました!
文章を正確な情報にしました。

鍵盤はMOXFと同じでしょう。
44.1KHz固定で、D/AはMOXF相当でしょう。
USB-Audioで録音して違う機器で再生すればMontageと変わらないハズ!ww
Posted by K_Take at 2018年09月15日 13:17
予想通りとはいえアフタータッチ非搭載では購入候補には入りません。
廉価機種にはアフタータッチ不要な考えで合意でもしているかのような日本の企業たちには反省し改めてもらいたい。
MOFXの踏襲されず簡易シーケンサーなのも合掌...
Posted by ゴビ at 2018年09月17日 08:52
アノDX7を再現!を謳うなら、アフタータッチも本当は対応してないとダメなんですけどね。

アフタータッチ受信してくれるなら、外部キーボードで弾くっていうのも・・・
コルグのPrplogueなんか受信すらしないし。。。

シーケンサー・・・
そもそも、QYシリーズとか作ってたのって
今のヤマハ社長ですからねぇ。
Posted by K_Take at 2018年09月17日 17:58
昔のヤマハのシンセはフラッグシップでなくてもアフタータッチは搭載されていた。EOSやsy22でもあったような記憶が、、、、間違えてたらすいません。

鍵盤タッチもFS鍵盤に勝らないとも、根本が一つ一つ分離して、今の中級機よりもはるかにタッチが良かったです。今のFSXの深さで「おもり」が無い感じ。

まぁアフタータッチ使う人が減ったんじゃないのかな?自分もほぼ使っていません。
Posted by あ at 2018年09月17日 21:24
EOS B500には付いてたなぁ。
lfoとか音量に割り当てて使ってた。

lc鍵盤ってやつで、今売ってる「切れてないたくあん」みたいになってて、奥の方が沈まない鍵盤じゃなかったんだよなぁ。。。

lc鍵盤(バラバラ)
http://kyouichisato.blogspot.com/2013/04/yamaha-v50-lc.html

mox6の鍵盤(たくあん)
http://ozashin.hatenablog.com/entry/2017/01/19/225010
Posted by K_Take at 2018年09月21日 23:12
LC鍵盤といえどもAN1x、EX7、CS6x、S30まではしっかり付いていた。88鍵AE鍵盤のS80も。
S03/08やEOS BX、MMといった玩具はどうでもいいとして、MO6/8でお亡くなりになり合掌。
GHS鍵盤でアフタータッチ搭載は一台もないですね。技術的に無理なんかしら。
それに合わせて廉価機種では全廃棄したんですかね。
Posted by ゴビ at 2018年09月28日 20:56
MONTAGE自体がAWMとFMのハイブリッドシンセということで画期的なものは余り無いと思いますが、凄いところはアマチュアに影響が少ないところでスペックダウンして、使い勝手はほとんど変わらないのに価格を半額以下にしてしまったこと。

MOXFもそうだったが、YAMAHAはDX7の頃からアマチュアユーザーに夢を与えてくれるなと感じている。

超絶劣化の廉価版しか出さない老国は少しはYAMAHAを見習ってもらいたい。(D-50とD-10・JUPITER-80と50・FA-06の超絶劣化SN音源等いくらでも前例がある。)

SY-77がだんだんトラブルが増えてきたので、お金貯めて買い替えようかな、



Posted by R-TYPE at 2018年09月30日 18:03
アマチュアに夢!素敵なことですね。それは確かにそう思います。あと鍵盤さへちょっとマシだったらMODX欲しかったんですがね・・・・FSXとは言いませんが、せめて昔のSY22、EOSの鍵盤だったらなと思っています。


D-50は素晴らしいです。D70もまぁまぁよかったです。
Jupiter50は買ってすぐに売りました。RolandならJupiter80かファントムG、V-シンセが良いですね。
Posted by あ at 2018年09月30日 19:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: