2018年07月12日

ボーカロイド5発売



https://www.vocaloid.com/
ダウンロード専用になってます。
アップグレード版も用意されています。

レビュー記事
http://www.dtmstation.com/archives/52016748.html
機能比較
https://www.vocaloid.com/compare/#operating_condition

4人分のボイスバンクが「勝手に」バンドルされて、抱き合わせ販売になってます
(値段が2.5倍に上がってる!!!)
「歌声ライブラリ」って言ってたのは「ボイスバンク」って名前になったようです。
VOCALOID4.5 Editor for Cubaseというのが同梱されていて
5のボイスバンクが使えるVOCALOID4 Editor for Cubaseのようです。

ジョブプラグインとクロスシンセシスが廃止になってるらしく、やりたければ4でやるか、
4.5 for Cubaseでやってくれという事みたいです。

ボーカロイド3と4のボイスバンクも使えます。
VST/AU対応で、スタンドアローンでも動きます。
地味にRewireにも対応。(ベータ扱いで非サポート)
ヤマハが作ってるのにVST2なのが謎すぎる。
追加されたパラメーターは「声の張り」や「息の量」だそうな。
外部MIDI機器接続によるVOCALOIDトラックのリアルタイム入力が普通に出来るようになりました。
(クォンタイズが無い?)
ASIOやCoreAudioに対応になって、レスポンス速くなってるのかな?
オーディオエフェクトも11種類付いてきます。

新しいOSへの対応は5以外切ってくるんだろうな。
posted by K_Take at 21:29| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: