2018年02月24日

Windows 10 Build 1803(RS4 プレビュー)



win10rs4.png

ほぼ完成版のBuild 1803。
OS自体は安定してるみたい。

設定画面の項目が横向きになったり設定項目が増えたり、アイコンのデザインが変わっただけみたい。
摺りガラス風のエフェクトとか徐々に増やしてる感じ。
デスクトップにEdgeのショートカットが作られたり、どんだけ普及してないのが悔しいんだよww

Build 1709 Fall Creators Update に慣れてれば、さほど違いが判らない感じ。
とにかく、オフにする項目が増えただけ。カスタマイズが大変。。。
.NET Framework は4.7.2っぽい。
よりアグレッシブに外とつながりに行ったり、Windows Updateしに行ったりするらしい。

とにかく、どうでも良い機能追加ばかりなので、我慢してアップデートするしか無さそう。

ディスクのクリーンアップって機能が速くなってます。
遅かったのってやっぱどこかおかしかったんだよきっと。
posted by K_Take at 15:28| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント

これ個人でやる分にはいいんでしょうけど、企業や自治体は大変。なんせ3Gとかとんでもないデータ量ですから、ギガビットイーサ環境でもクライアントが100台位あったら業務時間中はアウトでしょうね。

年に2回とはいえ、その度にUSBメモリにデータ入れてシステム担当者が個別に休日にアップデートするとか、保守ベンダーに金払って頼むとかやり方を検討する必要があるかと思います。

まあ自治体なんかはNW強靭化で直接インターネットに接続してないんだろうから、アップデートをしないという選択肢もあるにはありますが、今度は更新プログラムの打ち切りもありますしね。windows7で利用している企業ユーザーは2年後に単純に10に入れ替えするだけではなく、この大型アップデート対策も考えなければならないところが課題ですね。うちの会社もそうなんだけどシンクラだからサーバー上でやってしまうんだろうな。



Posted by R-TYPE at 2018年02月25日 10:59
なんか「デフォルトで」ローカルネットワーク上のPCからダウンロードするよ!
https://news.mynavi.jp/article/win10tips-20/
不具合あったら一蓮托生な!・・・ウイルスかよ!


> USBメモリにデータ入れてシステム担当者が個別に休日にアップデートするとか、

今回は本当にやらないとダメかも。
Meltdown、Spectre脆弱性問題でBIOSを
Intel Management Engine脆弱性問題でファームウェアを
それぞれ上げないといけないので。

日本のITリテラシーの低さ半端ないので。

サーバーもMeltdown関係あるんだけど、
パッチ、ファームウェアに加えてレジストリ適用しないとダメなんですが、ぶっちゃけ知ってる人ほんの一握りじゃないかな。。。
https://blogs.technet.microsoft.com/askcorejp/2018/01/16/adv180002/

Meltdown問題、R2無しの2008と2012は対策しようが無いってのが笑っちゃうのよね。。。
Posted by K_Take at 2018年02月25日 13:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: