2022年01月22日

Fantom 3.0 (n/zyme音源)



https://youtu.be/gLDdBlN-oKY
https://www.roland.com/jp/products/rc_n_zyme_model_expansion/

エンザイムと読むらしい
Roland版ウェーブテーブルシンセ音源です。
タダじゃないです。149ドル払わないとアカンのよね。

それぞれ64個のウェーブテーブルを変化させて音を出します。
2つのウェーブテーブルオシレーターがあってミックスして音が出せます。
もうひとつ、ドローウェーブというのもあって、こちらは、自由に波形を描いた物を出力できます。
これを位相変調、シェイピングして加工して、フィルター加工、ステップLFOで変化を付け、
MFXを通して出力します。

コルグのmodwaveのような感じ。
ドローウェーブってのも、まぁMSXのSCC音源、PCエンジンの頃からあるし
位相変調もファミコンのディスクシステムの音源とかもあったよね。

この音源はFANTOM上で複数のパートで使えるので、色んな音色を重ねたり、
マルチティンバーで使えるのです。

他社では珍しくないけどローランドとしては初なんじゃないかしら?
あると楽しいよね。
posted by K_Take at 20:00| Comment(0) | 日記