2021年09月15日

Waldorf M WaveTable Synthesizer



https://www.waldorfmusic.com/en/m
https://www.synthtopia.com/content/2021/09/14/waldorf-m-wavetable-synthesizer-a-new-generation-of-the-classic-microwave/

Microwaveが帰ってきた。

コルグがmodwave発売したばかりだけど、こちらはフィルターとアンプがフルアナログ。
ローパスフィルターしかありません。

1オシレータ辺り2個のWavetableを使用可能。
Wavetable波形は初代とMicrowave II/XTの物を収録。
96個のファクトリーウェーブテーブル波形と32スロットのユーザー領域もあり。
最大発音数は8で4マルチティンバー。
(説明書にはエクスパンジョンボード搭載で16になると書かれてる)
EGはVCF、VCAのADSRの他に8ポイントのループ可能なEGが4つ搭載。
初代Microwaveのsysexをインポート可能
エフェクターは無いみたい。

オリジナルMicrowaveのASICのバグまで収録www(オンオフ可能)
説明書の用語集にコーヒーフィルターとか書かれていて、新機能かと思ったら
「コーヒーを入れるときのフィルター。通常は使い捨てで紙で出来てる。Waldorf Mを使うときに必須のツール」
とか書いてあるwww
コーヒー飲んどけ!

1879ユーロ = 243000円くらい

エフェクターが無いのが寂しいけど、マニア向けの濃いシンセであることは間違いありません。
posted by K_Take at 20:06| Comment(37) | 日記