2021年04月03日

EWI4000s生産完了



http://ewi.akai-pro.jp/
2006年発売だから、物凄い長寿でした。。。
EWI SoloはPCMだから後継ではないのよね。

EWIの歴史
https://www.ishibashi.co.jp/akai/ewi/

T-SQUAREもリーダーが引退したしね。
もちろんEWI4000s使って・・・ねぇぇぇ!
EWI1000(1987年発売)だ。スゲー。
https://www.youtube.com/watch?v=qimqkEO4xS8
https://www.youtube.com/watch?v=HjmwkjitcJw

アナログモデリングでウインドシンセはローランドのAE-30 Aerophone Pro
一択になってしまいました。
ZEN-Core音源だから、EWI4000sよりは優秀なんじゃないかしら。
https://saxophoneworld.com/feature/takeshi_ito_aerophone-pro

EWIを語ろう
https://www.youtube.com/watch?v=5ZZb8AgKVQs
https://www.youtube.com/watch?v=prS0KdLfA-k
EWI4000sは若干、下が重くて(MIDI端子、音源、電池もあるし)ピッチがぶれちゃうとかで
しっくり来ないとか。
あと、開発中にAKAIが唐突に倒産しちゃって、改良する前に無くなっちゃったという・・・
(赤井電機が2000年倒産、黒字だったAKAI professional M.Iは独立して生き残ったけど2005年末に破産
EWI4000sはギリギリセーフで出た製品)
音色は2、3音色と色物数音色で十分で、自分でコントロールして音楽表現出来ることが重要であって
色んな音色が出るってことはあんまり重要じゃないそうな。

オクターブをコントロールするローラー、グライドセンサー、ベンド、見た目が重要みたいね。

私もそう思うわ。
オクターブのローラーは常識にとらわれない発想で開発されたもので素晴らしいと思う。
posted by K_Take at 11:02| Comment(0) | 日記