2020年08月29日

Windows 95から25年



https://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/config/1273456.html
Windows 95ね。
Windowsの今のスタイルを確立した最初のバージョンかな。
MS-DOSとWindows3.1とWindowsNT3.51のテクノロジーのハイブリッドといった、妥協が混じった
まぁまぁなOSだったという印象かな。
95〜98SEまでは16bitがたくさん混じっててグチョグチョだった。
そして、あの惨劇のWindows MEね。。。

安定してたかっていうと、そんなんでも無かったような。(安定し始めたのはOSR2以降)
だからその頃はWindows NT 4.0 Workstation使ってたかな。。。

95はDirectX登場とIEがNetscapeを駆逐していったのが印象に残ってるかな。

Windowsって本当にまともになったのって2000 SP3くらいかと思ってる。
そしてXPで超絶安定して、Vistaでコケて7でまた超絶安定と繰り返すと。。。
Vistaは自分的には問題なかったんだけど、本当にOS側がハードの進化よりも先行しすぎた。
Vista SP2 x64 + Windows Vista 用のプラットフォーム更新プログラム(KB971644)=ほぼWin7
だったが一般的なご家庭PCや会社PCはそこまで動かすハードが無かった。。。

Windows7はハードとOSの進化具合がマッチして大ヒット。サーバー版Windows 2008 R2も大ヒットで絶好調に。

そのあとWindows8でまた悲劇が・・・
今度はOSは超絶安定してるのにユーザーインターフェイスが悲惨なことに・・・
ホント空気読めてなかったなぁ・・・

そして今のWindows10に。
7と8くっつけた変な感じの安定OSに。
とにかく外に繋げたがるOSだよね。。。
EdgeがChromeベースになって、まぁ良くなったし、なんとなく不満はあまり無いかな。
chromeでいいじゃんって気もするが。
私はFireFox派なんだけど、Mozillaがレイオフしまくってて、大分心配。。。

私はサーバーもパソコンの仕事もする人なんだけど、
コンピューター詳しい人はクラウドに行っちゃうし、
オンプレ(非クラウド)派はWin7時代くらいで知識が止まっちゃってる中年〜老人相手ばかりで
それはそれで苦労してるって感じかなぁ。。。
posted by K_Take at 14:28| Comment(2) | 日記

2020年08月18日

来年のNAMMも中止決定



でもNAMM Showいるか?って言われると。。。別にぃって感じだけど。。。

なんか何も更新せず、1か月経ってしまいました。

ここ最近ではサマーセールでArturiaのPigmentsを買ってしまった。
https://www.arturia.com/products/analog-classics/pigments#jp
セールの時が買い時だから次はブラックフライデーかしらね。

このシンセはアナログ、ウェーブテーブル、PCMのエンジンを2つ同時に使えて
フィルターがArturiaのソフトシンセに搭載された色んなフィルターやコムフィルタ、フォルマントフィルタ
エフェクターも一通り揃ってて、どんな音でも作れる良いシンセ。
世間では2.0から音が太くなりさらにPCMの採用で化けたと言われてるらしいです。
ウェーブテーブルは不思議サウンドが色々作れて良いね。
まぁ今となっては珍しくなくなってるけど。
これとDX7 Vで満足かな。

なんかフランスのソフトばっかり買ってる気がする。


あとはせっかくVR買ったのに全然使ってないので、このユニティちゃんHDRPってのを
改造してVRで踊るのを見るの作ってました。
https://www.4gamer.net/games/210/G021014/20200710054/

やっぱ初心者殺しで
ここの「ビルドを通すための修正」をしないと絶対にコンパイル通らないの
http://satoshi-maemoto.hatenablog.com/entry/2020/07/12/172921
で、音楽データ付属してないのに踊ってて、何踊ってるか判らなかったんだけど
これだった
https://www.youtube.com/watch?v=M_GUlXJ52YA

この歌データは、公式ページで配ってるので、それをWAVに変換して
頭に数秒間、空白を入れてやって、踊りと合わせるように再生させればOK。
(カメラにオーディオソース追加してオーディオリスナーにチェック付ける)

HDRP版はトゥーンシェーダーとかで誤魔化してないので中々ハイクォリティ。
表情とか目パチくりとかしないので、黙々とダンスしてるのが気味悪いけど
等身大ハイクォリティフィギュア160万円!
みたいなのがVR上で踊ってるように見える。。。
目の前に手を突き出してくる場面では、自分に攻撃してきたみたいに感じるww
床が鏡になっててVRで下見るとスカートの中丸見えww(作者によるとスク水を着てるらしい)
右目と左目の分描画しないといけないから、鏡の分併せて4人踊ってる事になるのね。
シングルパスステレオレンダリングという手法で1度で右目、左目用映像を作ってるらしい。
そういえばシングルパスにしたわ。

Unity 2020.1でやってますが、まぁ多機能過ぎて訳が分からん。
小難しいのはUnreal Engineに任せて、一般ユーザー寄りにしてくれないかしらね。
レンダーパイプライン、スプリングボーン、スクリプティングシェーダーとか言われても
おじさんサッパリだよ。。。

ユニティちゃんは如何にして女優になったか
https://www.youtube.com/watch?v=zqXmzTSpSrc
ユニティちゃんの生みの親の解説
アルトリネコとかゲームのキャラデザしてた人なのね。
posted by K_Take at 23:36| Comment(4) | 日記