2020年02月26日

MIDI 2.0が正式規格に



https://www.dtmstation.com/archives/28653.html
感想としては「やっと普通になった」って感じ。20年遅かったよ。
8bit時代から64bitに一気にジャンプアップ。
ジャンプし過ぎ。

8bit、16bit、32bitと段階踏んで行けば良いのに、一気に処理スピードが求められる事に。
今のハードシンセは8bitの仕様に甘えた作りになってるので、CPU、メモリ他
あらゆるデバイス選定がショボい。
DDRにもなってないSDRAMとか普通に使ってるし、ストレージ周辺も惨憺たるもの。
キーボードのセンサーも16bit、
ピッチベンドやホイール、ノブ、スライダーの解像度も32bitにしないといけない。
(どうせ間引いたり、手抜きすることは確実だけど)

DAWはPC、OSと共に進化してるので、簡単に追従出来るでしょう。
OS、ドライバ、DAWが対応すれば来年辺りにはちゃんと対応出来てるでしょう。
どこかがチンタラしてなければ・・・

プログラマー的には、やっと全てのMIDIパケットが64bit一発で送れるようになって
Sysexも扱いが簡単になってアプリが作りやすくなった感じ。
MIDI 1.0なんか速攻切り捨てだよ、まったく。

MIDI端子やMIDIケーブルは速攻で消えるでしょう。(え、消えない?)

ノート情報にAttributeとかいうのが追加されて、アーティキュレーションの情報を
格納出来るようになったので、スネアドラムの叩いた位置、シンバルの叩いた位置
みたいな情報もノート情報の一部として送れるらしい。
メーカーや楽器が変わると無意味な情報になっちゃうけど。
posted by K_Take at 22:21| Comment(3) | 日記

2020年02月02日

OASYSが15年前のシンセになる



15年・・・だと・・・ウソだろ・・・?

ま、まぁ、任天堂スイッチでファミコンウォーズ(1988年)やってて
楽しい!(32年前)とか言ってるくらいだから15年なんてまだまだ・・・

KORG OASYS Demo & Review [Remaster]
https://www.youtube.com/watch?v=JkZGerp7Kag

もう、電源を入れる事すら壊れそうで怖いwww
他のシンセと違ってダントツに複雑な構造なので。
っていうか電源入れたら焦げ臭い変なにおいがしてるww<<アブナイ
ファンの音うるさいし、コンデンサー爆発しないか心配。。。

マザーボード、コレだからね。
http://aopen.jp/products/baresystem/mx4gvr-gn.html
http://yahoo.aleado.com/lot?auctionID=r314079711
AOpenって今マザーボードとか作ってないからね。
後ろのフタ取るとパラレルポート、VGAポート、シリアル端子が出てくるww
メモリ最大たったの2GB
(シリアルじゃない)ATA100のIDE接続HDD たったの40GB!富士通のHDD!
※ 自分のは64GBのSSDに改造してある
HDDフォーマットはext2、ext3で2038年でタイムスタンプは1901年に戻ってしまうし、
ext2に至ってはジャーナリングが無く壊れやすいww
採用されたPentium4 Northwoodは2005年3月製造終了。OASYS発売は2005年5月。
発売と同時にCPUが終わってたというww

コルグ最後のヤマハFS鍵盤採用機なんだけど、鍵盤の下、モロ空いてるし
シンセ横も通気口になってるのでホコリが入り放題。
さすがオープンアーキテクチャ(そのオープンじゃない)

でも、今音聴いてもやっぱりKRONOSと大差無い。スゲー。
そしてベクタージョイスティック、操作ボタンとスライダーがKRONOSより使いやすいww

ARP2600復活も伝説だけど、OASYSもレジェンド楽器と言って良いのでは?

posted by K_Take at 17:13| Comment(4) | 日記

FANTOM OS1.50



・本格的なボコーダーの追加
・ZEN-Core音色のデータインポート、エクスポート機能
・Super Natural アコースティックのストリングスとブラスの追加
・パッドモードとピアノロールに新機能
など

エクスパンジョンデータも追加されたし、大分V-Synth GT要素が追加されてエライ事に・・・
SNAのバイオリン、サックス、トランペット、アーフとか使えるやつが追加されてます。

大分値段相応になってきたかも。

この調子でIntegra-7の続編出ないかなぁ。
posted by K_Take at 11:30| Comment(5) | 日記