2019年11月18日

Fantom触ってきた



お茶の水の楽器屋で。
鍵盤はやっと普通になってたね。

モードを廃止したとかなんとかは
integra-7で言うと
 シーン=スタジオセット
 ゾーン=パート
 トーン=トーン
で、シーンを変える=スタジオセットを変える なのね。
これFAも一緒やね。

タッチパネルは感圧式じゃなくて静電容量方式(スマホと同じ)だけど
まぁ、描画が遅いww
音の変化はちゃんと付いてきてるんだけど、描画結果だけ遅れてるみたいな。
スマホやiPadに慣れちゃってるとね。

パラメータの数が半端無いので、音作るのは大変そう。
FAのエディタ作ってくれって散々言われてるので、Fantomエディタ作ってくれも
多分言われるのかな。。。

音はSNシンセに似てるけど、V-Synthのアナログモデリングテイストも確かに混ざってるかも。
パンチパラメータとか使ったシャープな立ち上がりのシンセ音とかあったり
V-Synthっぽいサウンドとかも聴けます。
https://www.youtube.com/watch?v=4xK33FmiW24

オシレーターシンクサウンドとかは大分良くなってるから、そこもIntegra-7、FAとの差別化出来てるかな。
アナログフィルターの出来は素晴らしいんだけど、なんでエンベロープ無いのかね。
PCM拡張スロットは16あって、同時使用可能だし、まぁ文句は無いでしょう。

ローランドPCM&アナログモデリング集大成は見事に成ったと言って良いのでは?
posted by K_Take at 22:33| Comment(5) | 日記