2019年06月22日

Moog One



https://icon.jp/archives/17413
http://www.korg-kid.com/moog/product-details/moog-one/

究極のアナログシンセ。
一切の妥協無し。
判ってやがるぜ!って機能しか無いの。余計な機能ゼロ。
アナログ!アナログ!アナログ!デジタルエフェクター!(バイパス可能)

https://store.miroc.co.jp/product/61006?a8=PlQKLlknX1gc_D_E5wzcnQAqC_7qzBZyBwA5k1yg05hnX1Q_C1Qa.DuH.JpGZGuAv56JgVQTvlQKjs00000018021001
https://info.shimamura.co.jp/digital/newitem/2018/10/126713
MOOG ONE 8 VOICE(税抜)¥786,250 (税込 ¥849,150)
MOOG ONE 16 VOICE(税抜)¥1,062,500 (税込 ¥1,147,500)

1147500円で統一されました。
posted by K_Take at 14:18| Comment(5) | 日記

2019年06月20日

VCV Rackが1.0になりました



https://vcvrack.com/Rack.html
ユーロラックにしこたまモジュールぶち込んで、ケーブル張り巡らせるのが
大好きな人にはたまらないソフトシンセです。フリーだし。

モジュールの数もあるある、めちゃくちゃありますわ
https://vcvrack.com/plugins.html
バンバン繋げてください。
フリーも多いし、有料でも4000円以内ばかり。

楽器として使ってもいいし、チョットした効果音作成とかにも良いよね
posted by K_Take at 00:18| Comment(1) | 日記

2019年06月19日

ネタが無くてねぇ



困っちゃうよねぇ。

あ、ヤマハがショルダーキーボード出すんだぁ
https://jp.yamaha.com/products/musical_instruments/keyboards/shs/shs-500/
・・・ってコレ見たことあるやつだ!
https://jp.yamaha.com/products/music_production/synthesizers/vkb-100/
・・・終了・・・

えー、もっと捻ろうよ・・・

まぁ、金型作るの高いしね、ファームウェア書き換えて色変えれば新製品だけどね。
ボーカロイド外して空いた分、Reface DX移植するとかしようよ。
せっかくカタカナでも日本語対応してたのに外しちゃうし。
余ったフラッシュメモリ領域をPCMデータで埋めおった。
iOS/Androidアプリ作る工数をそっちに割こうよ。マジで。

コルグもさ、Prologueをこんなに小さくして鍵盤も外したさ。
https://www.korg.com/jp/products/synthesizers/minilogue_xd_module/
オリジナル音色作れます!
https://github.com/korginc/logue-sdk
って、もうちょっと優しくしてくれないかねぇ。
サイン波とか矩形波のプログラムってこんなに難しいんだぁ・・・へぇ・・・そっ閉じ・・・
ババーンと放り投げて1周年みたいな。
解説のPDFとか、注釈をもうちょっと優しく付けてくれたり、例を増やすとかさ。
Unityとかアセットっていう部品を参考に勉強出来るから楽しいんだし。
NIのREAKTOR 6とか部品がある程度あって組み立てる事によって楽しめる訳だし。

ローランド・・・ローランドかぁ。
もうV-Synth作ってた人とか定年退職してて、技術者の技術力すっからかんなんだろうなぁ。。。
上場廃止してから、どうしたいんだか全然判んないんだよねぇ。
検索したら「ROLANDは、日本のホスト、ファッションモデル、タレント、実業家。」
って出ちゃうくらいだし。。。
posted by K_Take at 20:12| Comment(3) | 日記

2019年06月18日

Oculus Rift S ファームウェアバージョンアップ



たまにチラッとノイズが入ったりしてたのは治るのかしら。

Unity 2019.1.5とOculus Integrationっていう公式プラグインでプログラミングしてて
Oculus Touchのバイブレーション機能がどうしても動かなくて悩んでいた。
絶対書いてるコードは間違ってないのに・・・

・・・ファームウェアのバグでした・・・

いや、売ってるゲームとかOculusのホーム画面とかでは普通に振動してるし、
故障ではないとは思っていたんだが・・・

プロの皆さんは安定志向のUnreal Engine4や、Unity 2018.xで作っていらっしゃるのよね。
ただでさえ普及率3%で、さらにプログラミングやろうなんて人はホンの一握り。。。

どうもサウンド周辺の不具合を修正したらしいのだが、Oculus Touchのバイブレーションって
音声データを元に振動させる仕組みなんだけど、そこらへんのバグだったのかなぁ
とか思ったり。

森をリフトやドローンに乗ったかのように一定のスピードで動くデモとか、
ダンジョン作って自分で移動して探検してみたり、
5人くらい人型のモデル用意して踊らせてみたりとか、色々やった結果

・右目用、左目用の処理をさせるので、性能は半分になり、
 さらに解像度は2K以上4K未満くらいの処理をするので2Dより処理性能は必要。
・スティックを使って自分で動いたり、カメラをスムーズに動かしたりするのは酔います。
・ヘッドセットで進む方向を決めたりするシューティングとかも酔います。
・直線的に且つ一定のスピードで自動で動くなど予測可能な動きなら酔わないです。
・カメラの切り替えや移動をワープとか30度、45度ずつとかカメラを切り替えるような場合は酔わないです。
・カメラの位置を動かさず、ヘッドセットを好きな方に向けるといった類は酔わないです。
・カメラの位置を動かさず、物体が近づいてくるとか周りがアニメーションするとかいう場合も酔いわないです。

「実際は動いてないのに、スムーズに移動させてしまう」という「あり得ない動作」が酔う原因なのね。

今売ってるゲームでオススメはBeat SaverとRobo Recallかな
https://panora.tokyo/22802/
どちらもお値段そんなに高くないし、Oculus Touch必須で、このコントローラーならではの
ゲームが体験出来ます。
そしてどちらも上記で挙げたような「酔わない作り」になってます。
飛んできた銃弾やミサイルを掴んで投げ返すとか、今までに無い仕組みを駆使するし
360度、どこからも襲ってくる敵を倒さないといけないとか、やはりVRならでは。

いつしかMIDI信号を取り込んでなんちゃら、とか出来れば面白そうね。
posted by K_Take at 23:54| Comment(0) | 日記

2019年06月10日

Intel終わってる



https://ascii.jp/elem/000/001/873/1873186/index-4.html
・IceLake-S(デスクトップ)は消滅した
・CometLakeが2020Q2に投入される、最大10コアになるがハイパースレッドは無効化される(14nmのまま)
・↑になった理由は脆弱性が直らないから(つまりIntelがHTTの危険性を認めた格好)
・RocketLakeが2021Q2に投入されるが、14nmのまま

これはAMDの天下が来たか?

CubaseやStudio Oneなどマルチコアに最適化されたDAWは当然コアが沢山あった方が
VSTは沢山動かせる訳で、10コア10スレッドでは12コア24スレッドに勝ち目無し。。。
posted by K_Take at 23:04| Comment(8) | 日記