2019年05月12日

令和元年にOASYSを演奏



KronosのOSが3.1.3に上がってて、「まだメンテしてくれるんだ」とか思って
バージョンアップしたのだが
https://www.korg.com/tmp/support/download/index.php/product/0/424/?country=us&page=product&prodtype=0&prodid=424

そういえば、OASYSはまだ動くんだろうか・・・とか思って久しぶりに起動した。。。
・・・こ、こいつ、動くぞ!
平成ハーフジャンプくらいのシンセだよ。

さすがKRONOSのプロトタイプ。全く同じ音がする(HD-1やMOD-7などの部分だけね)
劣化してない。
OASYSは2005年5月28日生まれの14歳
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%AB%E3%82%B0%E3%83%BBOASYS
待て待て、工業製品で14年経って故障無しだと!?
システムボード等に液体コンデンサーとか普通に使ってるから、いつか爆発するんじゃないか?
※ちなみにZ1やFS1Rも起動しました(1998年)

若干ファンがうるさい(12インチのファン1基搭載)
CPUはPentium4のノースウッドだから第二世代Pentium 4。
この後爆熱プレスコットになってCore、Core2、Core iになるから・・・10世代以上前になるのか。。。
でも、処理スピード今のKronosと大して違いないからね。

ストレージのインターフェイスはIDE・・・IDE・・・だと!?
まぁ、KRONOSみたいにピアノをSSDで再生しながら演奏とかしてないから関係ないけど。
SSDに改造してるので、起動時間は今のKronosと大差なし。
フォーマットはext2、ext3を使ってるので、タイムスタンプは2038年1月18日までしか対応していない。
日付なんて2000年とかに戻してしまえば良いのさ。。。

鍵盤はヤマハのFS鍵盤。ガタガタうるさいが弾きやすい・・・Kronos61より良い。。。
壊れたらZ1保守パーツにするしかないな。

しかし、ホント音変わってないわ。Kronosですって言っても絶対バレない。
iOSアプリ作ったり、Volca作ったり、アナログシンセ作ったりでノラリクラリ
やってるおかげで、デジタルシンセは全く進化してないのね。
(本当はiPadのElectribe Waveとか音源的に面白いのあるけど、目立ってないし)
posted by K_Take at 19:24| Comment(3) | 日記